ピアジェ買取についてピアジェの時計買取価格はどのくらい?

ピアジェ買取について

スイスの高級宝飾時計・ハイジュエリーブランドであるピアジェ(Piaget)は1874年にジョルジュ・エドワール・ピアジェによって創業されました。

 

ピアジェは宝飾腕時計業界の高嶺の花的存在で、特徴としては薄型時計を主流にしています。

 

1957年に発表されたピアジェ初の厚さ2mmの手巻きメカニカルムーブメント「キャリバー9P」は極薄時計の先駆けとなりました。

 

極薄時計を作れるということは優れた時計メーカーの証しで、世界でもほんの数社しか作れないと言われています。

 

1988年にはカルティエやジャガー・ルクルトを抱えるラグジュアリーグループ、リシュモングループの傘下に入り

 

優れたジュエラーであると同時に優れた時計メーカでもあると言われています。

 

時計ではポセション・タナグラ・ライムライト・ミスプロトコール・マジックリフレクションといった数々のコレクションを発表しています。

 

ピアジェの腕時計は完璧な極薄のピアジェの時計は余計なものをすべて排除したシンプルながらもエレガントなデザインです。

 

薄型時計のデザインを求めている方たちに受け入れられピアジュの腕時計は人気になっています。

 

宝飾腕時計の中でも人気のあるブランドのピアジェなら保証書や時計を買ったときに付いてくる付属品などなくても関係なく買い取ってもらえます。

 

またデザインが古いから、キズがついてしまっているからと高価買取を諦めなくても大丈夫です。

 

ピアジェの時計買取価格はどのくらい?

ピアジェの中古相場はどのくらいなのか?実際の買取金額を調べました。

 

※買取価格は日々変動するのであくまで参考価格です。

 

ピアジェアルティプラノ GOA33112  800,000円

 

ピアジェ ダンサー   GOA31158  1,300,000円

 

ピアジェ ポロ     P10299-GOA33028  1,300,000円

 

ピアジェ ポセッション P10402-GOA35085  370,000円

 

ピアジェ エンペラドール GOA34024  1,200,000円

 

ピアジェ ライムライト  ref.P10257-GOA29131  1,200,000円

 

ピアジェなどのブランド時計ってどこで売ればいい?

時計が好きな人ならオーバーホールという言葉を聞いたことがあると思いますが、オーバーホールとは時計を長く愛用するための時計のメンテナンスです。

 

長く使っていると中の部品が劣化してきてサビたりなどして壊れてしまいます。

 

数年に一度の間隔で定期的にオーバーホールすることで大切な時計が壊れなくて済みます。

 

でも使用頻度が落ちてきた時計などは一回何万とお金をかけてオーバーホールするのももったいないですよね。

 

だからと言ってそのまましまっておくもの価値を下げてしまうのでそのまま放置していたらもったいないですよ。

 

時計は電池切れなどないように常に動かしていないと価値が下がってしまうと言われています。

 

使用頻度が少なくなってきた時計などは早めに売りに出すことでその分高価格で売れます。

 

そういった時計を持っている方はなるべく早めに査定に出すことをおすすめします。

 

不要になった時計はどこで売るのが正解?

出張買取やリサイクルショップなどへの持ち込みは目の前で査定してもらえるので、きちんと査定してもらえるか不安って方にも安心して利用出来ると思います。

 

査定額に納得すればすぐ現金と交換してもらえるのも出張買取や持ち込みでの買取のメリットと言えます。

 

ただリサイクルショップなどは時計だけに限らず色々な商品の買取を行っています。

 

ブランド時計ももちろん買取してもらえるのですが、時計専門で取り扱っていないので価値が分からずに

 

安く買い取られてしまう場合もあります。

 

出張買取を頼むときも時計専門の買取業者に頼まないと同じ事が言えます。

 

また出張買取はリサイクルショップと違って家まで来てもらっての査定なので金額が低かった場合キャンセルは気が引けるなどありませんか?

 

もちろんキャンセルは可能ですが押しが強い人に当たってしまって断り切れずにそのまま買い取ってもらったなんてことも実際聞きます。

 

ヤフオクなどのオークションなどを利用する方法もあります。

 

ヤフオクなどは利用している人も多いので売れる確率も高いです。

 

オークションなど普段から使い慣れている方などにはおすすめの売却方法です。

 

ただ利用している人が多いということは、出品している方もたくさんいると言うことなので

 

自分で出品した時計と同じブランドのものが出品さてれいる可能性もあります。

 

他の出品者より状態が良かったり、キズがなければ問題ないのですが劣っているとなかなか出品しても売れなかったり。

 

出品してから売れるまでにも日数がかかったりするので早く売りたいって方には向いていないです。

 

他にも個人同士のやり取りなのでトラブルがないとも言えないので気をつけて使わないと嫌な目に合ってしまいます。

 

宅配で送って査定してもらう宅配買取で売る方法もあります。

 

ネットから簡単に頼めるので忙しくてなかなかお店まで行けない方や近くに買取店などがない方におすすめです。

 

宅配買取もリサイクルショップと同じで時計以外にもブランドバッグ、金券、骨董品と色々扱っている業者もあります。

 

時計を一円でも高く買い取ってもらうには時計専門に扱っている業者に頼まないと査定額に差が出てくるので業者選びも重要になってきます。

 

時計を買い取ってもらうときにもうひとつ重要なのが相見積もりしてもらうことです。

 

一括査定を行っている業者に頼めば自分で一番高く売れるお店を探さなくても業者の方で探してくれます。

 

オークションのように面倒なこともないので安心して使えますよ。

 

またわざわざお店まで持って行かなくてもいいので家に居ながらにして買取が出来るので楽ちんです。

 

時計をどこで売ろうかなと悩んでいる方は一括査定を行っている業者で相見積もりしてもらって売る方法が

 

一番お得に買い取ってもらえる方法と言えます。

 

ピアジェの特徴や豆知識

ピアジェは時計製作においてダイヤモンドセッティングや貴金属の加工などのテクニック持ってジュエリーにもその技術を発揮しています。

 

遊び心のある高級ジュエラーといえばピアジェと言われていて、ダイヤモンドを華やかにまとったリング、ネックレス、ピアスなどが人気になっています。

 

1990年に誕生したポセションが代表作のひとつです。

 

フランス語で所有を意味するポセションは、まるでふたつのリングがお互いを抱きあうかのように重なって回る

 

個性的なデザインで知られています。

 

時計では2010年にキャリバー12Pの誕生から50年、ムーブメント厚2.35mm、ケース厚5.25mmと発売当時の世界最薄を発表。

 

キャリバー12Pの後継モデルにあたる自動巻きムーブメント「キャリバー1200P」を発表しました。

 

ピアジェはアンティーク時計も人気です。

 

文字盤やインデックス、ハンドやケースなど細部に至るまでアンティークの洗練された雰囲気は現行の腕時計には

 

表現できない魅力的なものがあります。

 

現行品のピアジェと比較しても手に取りやすい価格という理由からも人気が高まっています。

 

ブランドものには必ずと言っていいほどコピー品が出回っています。

 

あまりにも安いものは偽物と思って間違えないです。本物そっくりに作られているスーパーコピー品などは素人では判別は難しいです。

 

きちんと正規のお店で買わないと知らないうちに偽物を買ってしまうことになりますよ。

 

時計を買い取ってもらうときも同じく時計専門の買取店を利用しないと損をしてしまいますよ。

 

⇒ ブランド時計高価買取の8つのポイント