パネライの時計買取について買取価格はどのくらい?

オフィチーネ・パネライの時計買取について

オフィチーネ・パネライ(通称パネライ)はイタリアの高級腕時計ブランドで1860年に

 

ジョバンニ・パネライがイタリア・フィレンツェに時計屋兼精密機器メーカーとして創業しました。

 

現在でも腕時計の他、温度計、湿度計、気圧計、クロノメーターなどを生産しています。

 

1997年にリシュモングループの傘下に入ったことから優れた流通ネットワークを確立しました。

 

これをきっかけに世界規模の高級時計市場に参入し、2002年のマニュファクチュール、2005年に

 

完全自社製ムーブメント開発し、トップクラスの高級時計ブランドとして地位を確立しまた。

 

パネライのデザインで大きく分けると「ルミノール」と「ラジオミール」があります。

 

2つのモデルの大きな違いはリューズを守るために設けられた「リューズプロテクター」があるかないかです。

 

あるものがルミノール、ないものがラジオミールです。

 

パネライの中でもラジオミールはクラシカルなライン、ルミノールはよりモダンなラインという位置づけです。

 

またパネライは生産本数が年間で限られており定価を上回るプレミア価格がつくこともめずらしくありません。

 

時計を購入すると付属品や保証書などついてきますよね。売ろうと思ったとき保証書などがないってケースもあると思います。

 

パネライは生産本数が限られていることからなかなか手に入りにくいものは中古でも人気があります。

 

そういったことからパネライなら付属品や保証書またはキズがあったとしても問題なく買い取ってもらえます。

 

デザインが古くても保証書などがなくてもまったく問題なく高く売ることが出来ます。

 

パネライの買取買取相場はどのくらい?

 

オフィチーネ・パネライの時計買取相場はどのくらいなのか?実際の買取金額を調べました。

 

※買取価格は日々変動するのであくまで参考価格です。

 

パネライルミノール  1950PA00127 1,050,000円

 

パネライルミノール  GMTアークトス PAM00186 600,000円

 

パネライラジオミール ブラックシール3デイズ  440,000円

 

パネライラジオミール PAM00378 1,030,000円

 

パネライフェラーリ グラントゥーリスFER00006 900,000円

 

パネライフェラーリ パーペチュアルカレンダーFER00015 500,000円

 

 

 

 

 

【オフィチーネ・パネライなどのブランド時計ってどこで売ればいいの?】

 

腕時計はオーバーホールといって分解して掃除する時計のメンテナンスを行うことで長く愛用できます。

 

通常は3年〜5年の間隔でオーバーホールをすることが進められてます。

 

長く愛用したい腕時計などには欠かせないものです。ただ一回オーバーホールするだけでも数万単位のお金がかかります。

 

数年に一度とはいえ何回もすればそれなりにかかります。

 

放置しておいて壊れてしまってからだともっとお金がかかってしまったりするのでオーバーホールは必要不可欠なものです。

 

でも使用しない時計はオーバーホールなどしてももったいないのでそのまましまっておいたりしていませんか?

 

そういった時計がある方はそのまましまって置かずに早めに買い取ってもらうことも大切ですよ。

 

時計なども流行などがあるので早く出せば出すほど高価買取が期待できますよ。

 

ではどこで売れば一番お得に買い取ってもらえるのか気になりますよね。

 

リサイクルショップなどへ持ち込んで買い取ってもらう方法があります。

 

リサイクルショップは全国どこでもあると思うので不要なものを買取してもらおうかなと思ったときに一番に思いつくと思います。

 

リサイクルショップなどは誰でも気軽に行けるし、便利なのですがブランド物の腕時計などを買い取ってもらうのには

 

はっきり言って向いていません。

 

ブランド時計などは価値の分かる人に査定してもらわないと結構金額に差が出てしまいます。

 

ほとんどの店員さんはブランド物について詳しく勉強しているわけではないのでブランド物だけに特化している方は少ないです。

 

なので少しでも高く売りたいと思っているのであればリサイクルショップは避けたほうがいいです。

 

高く売れる方法はヤフオクなどのオークションです。

 

ブランド時計などたくさん出品されていているので一円でも高く売りたいって方はオークションなども出品するのも良いですね。

 

パソコンやスマホなどから簡単に出品出来るので慣れている方などは利用してみても良いと思います。

 

ただ毎日全国から出品されているので自分で出品したものと同じものが出品されていることも実際にあります。

 

自分で出品したものが他の人が出品したものより劣っているとなかなか入札までは難しいです。

 

見てもらって買ってもらうには出来るだけ綺麗な写真を撮ったり、細かな説明を書いたりなどが必須です。

 

手間や時間がかかるので忙しい方などには不向きですね。

 

売れた場合も変な人に引っかかると訳の分からない言いがかりやクレームなど言われる場合もあるので

 

使う際はそういったデメリットもあることを忘れずにしないと後悔することになります。

 

他には宅配で買い取ってもらう宅配買取や家に来てもらって買い取ってもらう出張買取などがあります。

 

どちらもネットなどから簡単に申し込み出来て家に居ながらにして取り引きが出来るので便利です。

 

でも出張買取の場合大きい物だったり、なかなか自分では運べないようなものなどなら頼みやすいかもしれません。

 

その他にも良い時計が何本もあるって方は良いですが、時計一本だけではなかなか頼めないですよね。

 

今はほとんどないと思いますが悪質な業者と知らずに頼んでしまうと押し買いされるケースも実際にあります。

 

宅配買取ではリサイクルショップでも同じことが言えるのですが様々なジャンルの買取を行っている業者などに

 

出す場合と時計だけを専門に扱っている業者に出す場合では時計の場合は数万単位で買取額が違ってきてしまいます。

 

 

 

時計を少しでも高く買い取ってもらうには時計専門の買取業者に査定に出すことが一番高く買い取ってもらえる方法です。

 

またブランド時計などを売るときにもう一つ重要なのがひとつの店舗に絞らずに数店舗で査定してもらうことです。

 

だからと言って休みの日に店舗巡りしていたらせっかくの休みが潰れてしまいますよね。

 

そういったことをしなくても宅配で送るだけで一括査定といって相見積もりしてもらえる業者があります。

 

オークションみたいに面倒なことも一切なく宅配で送るだけで一番高いところで買い取ってもらえるので使わないと損ですよ。

 

オフィチーネ・パネライの特徴や豆知識

パネライの腕時計と言えばひと目でそれと分かる重厚な存在感が魅力で1990年代後半に起きたデカ厚時計ブームは

 

パネライが火付け役と言われています。

 

パネライのケースは47mmが標準で最小タイプでも40mmもあります。

 

このブーム以降、一般的な腕時計の標準サイズがひと回り大きくなったとも言われています。

 

パネライは多くのモデル数を展開するブランドで現在その数は600種類を超えています。

 

そういったことからパネライ愛好家の収集欲を高めています。

 

また交換用ベルトが豊富でゴム、カーフ、アリゲーターなどの純正アクセサリーだけでもかなりの数が取り揃えられているのも特徴です。

 

ベルトの変更交換をして楽しむのもパネライの楽しみのひとつとされています。

 

その他、パネライとフェラーリのコラボ時計なども有名です。

 

随所に刻まれる跳ね馬マークや文字盤デザインなど通常のパネライとは違った魅力があるモデルです。

 

パネライは数百種類と出ていますが、中には偽物のパネライなんてこともあります。

 

スーパーコピー品といって本物そっくりに作られているので偽物だと知らずに買ってしまう人も。

 

売るときになって偽物だったという場合は買取不可になってしまいます。

 

購入するときも買い取ってもらうときもブランド時計は高価な物なのできちんとした業者を選んで後悔のないようにしてくださいね。

 

⇒ ブランド時計高価買取の8つのポイント