チュードルの時計買取について買取価格はどのくらい?

チュードルの時計買取について相場はどのくらい?

チュードルは1930年にロレックスの創始者でもあるハンス・ウィルスドルフによって創業されました。

 

当時イギリスでの市場拡大を目的に作られたとディフュージョンブランドがチュードルで高級路線のロレックスと違い安価なチュードルの腕時計は一般庶民に受け入れられました。

 

ロレックスが現在のような知名度を得ることに大きく貢献したと言われています。

 

ディフュージョンブランドとは販売対象を拡大するために価格を安価に抑えたブランドのことを指します。

 

ディフュージョンブランドとしての役割を果たしたチュードルは1990年代頃からは独自路線になり

 

現在ではもロレックスの弟分としてではなく時計界を代表する高級ブランドのひとつとして注目を集めています。

 

チュードル最大の強みは、低価格でありながらも文字盤やリューズ、裏蓋といった大半パーツにロレックスのパーツが使われているということです。

 

特に世界初の腕時計用防水ケースであるオイスターケースがチュードルにも採用されているのは大きな魅力のひとつです。

 

またサチュードルはサイズバリエーションやカラーバリエーションなど豊富なラインナップを取り揃えたブランドでもあります。

 

現行モデルではヘリテージクロノグラフのような復刻タイプが人気が高く高額買取が期待できます。

 

そんなチュードルなら保証書などがなくてもデザインが古くなってしまっていても買い取ってもらえます。

 

細かいキズがあったとしても買取可能なので諦めないくても大丈夫です。

 

チュードルの買取価格はどのくらい?

チュードルの中古相場はどのくらいなのか?実際の買取金額を調べました。

 

※買取価格は日々変動するのであくまで参考価格です。

 

チュードル サブマリーナ  79090  300,000円

 

チュードル クロノタイム 79180  370,000円 

 

チュードル ヘリテイジ   70330N 250,000円   

 

チュードル ヘリテイジブラックベイ 9220R 220,000円

 

チュードル プリンス 74310   8,0000円

 

チュードル モナーククロノグラフ 15903 100,000円

 

チュードルなどのブランド時計ってどこで売ればいい?

オーバーホールは時計の健康診断のようなものです。

 

時計内部の保油性やネジのゆるみ、汚れや汗によるサビなど内部の腐食がないかなどを早めに見つけることで時計は長く使えます。

 

一般的に時計屋さんで言われているのが3年から5年でのオーバーホールを勧めています。

 

またクォーツ時計の場合は電池が切れたからといって電池交換しないでそのまましまっておくのもあまり良くありません。

 

時計は正常にいつも動かしていないと価値が下がってしまいます。

 

持っているけど最近使っていない時計などがある方はそのままにしておかないで早めに売ってしまった方が高価買取を期待できます。

 

流行りなどもあるのでデザインが古くなる前に出すことも大切です。

 

時計を少しでも高く売りたい方はヤフオクなどのオークションなどに出品するのもひとつの方法です。

 

パソコンがなくてもスマホからでも簡単に出品出来るので使ったことある方も多いと思います。

 

オークションなどは購入希望者のライバルが多ければ多いほど高く売れるので一円でも高く売りたいって方はオークションで売る方法が良いと思います。

 

でも個人同士のやり取りなのでお店と違い取引は自分でしなければならないのでそういう点は面倒です。

 

中には少しでも高く売ろうと思って傷があるのを隠して売ったりする人もいます。

 

そういうことをするとクレームの対象になって評価も悪くなってしまい後々の取引にも響いてきます。

 

それがわざとじゃなく単純な確認ミスだったとしても買った人から見れば同じことです。

 

オークションなどを使うときはしっかりミスのないようにしないと後が大変です。

 

買取店で思いつくのは、多くの人は中古のものを販売しているリサイクルショップなどが思い浮かぶと思います。

 

誰でも気軽に入りやすいし、なんでも買い取ってもらえるイメージがありますよね。

 

ただブランド時計の買取にはあまりおすすめ出来るところではありません。

 

リサイクルショップなどは色々な商品を取り扱っているのでどうしても無難な買取価格になってしまいます。

 

そのお店で需要が高ければ、高価買取も期待できますがそうとも限らないのでなかなか難しいです。

 

逆に専門性が高まるほど顧客層も限定されてくるので買取価格が高くなる傾向があります。

 

時計を売るなら時計専門の買取業者を利用することが大切になってきます。

 

出張買取や宅配買取など家に居ながらにして開っとってもらう方法もあります。

 

出張買取の特徴は家まで来てくれて説明を受けながら買い取ってもらえるのでお店まで足を運ぶのは面倒だけどやっぱり目の前で査定してもらいたいって方にはおすすめです。

 

持ち込みでの査定と一緒ですぐに現金に変えられるというメリットもあります。

 

でもどんな人が査定に来てくれるか来るまで分からないので不安があるて方は宅配買取がおすすめです。

 

宅配買取なら送るだけでいいので忙しくて時間がとれない方でも自分の都合で良いので気軽に使えますよ。

 

気を付けることは、時計を少しでも高く買い取ってもらおうと思ったら時計の専門買取業者を利用するとこです。

 

専門店なら梱包する材料も自分で用意しなくても無料でもらえる業者もあります。

 

時計など高額な物は配送の途中で壊れてしまったら大変なので業者の方で専用のダンボールなどを用意されていると安心ですよね。

 

買取方法も色々ありますが、時計を買い取ってもらうときに一番忘れてはいけないことがあります。

 

時計を売るときは必ず時計の専門の業者で相見積もりしてもらうことが大切です。

 

ブランド時計は高額な物なので少しでも高く売りたいですよね。

 

時計の一括査定を行っている業者があるのでそういうところを利用すればオークションのように手間などもなくトラブルが起きることもないです。

 

チュードルの特徴や豆知識

チュードルというブランド名はイギリス人なら誰でも知っている名門「チューダー家」にちなんだものです。

 

誰もが知っている王家の名前をブランド名にすることでイギリス庶民に親しまれるブランドとして定着させることが狙いと言われています。

 

1970年以降にロゴモチーフが薔薇から盾モチーフとなった後はロレックスの普及モデルとしての売り出し方が強くなりました。

 

特にモデル名が同じのサブマリーナはチュードル・サブマリーナと呼ばれていてロレックス・サブマリーナと見た目もほぼそっくりなモデルとして有名です。

 

特にチュードルのアンティークモデルでは王冠マークが入ったリューズやブレス、細部のパーツに至るまで機械以外の

 

ほとんどの部分にロレックス製のものが使われています。

 

さらにチュードルの裏ブタ部分にはロレックスのディフュージョン・ブランドであることを指すロレックスの刻印がされています。

 

またチュードルの初期モデルにはイギリス国民なら誰もが知るチューダーズ・ローズのエンブレムが掲げられています。

 

様々なロゴが使われているチュードルですが、特に12時位置のインデックス上に大きく薔薇を配したモデルは

 

「デカバラ」と呼ばれています。

 

アンティークウォッチの中でも高い支持を行けています。

 

その他、小さい薔薇には「チビバラ」という愛称がつけられています。

 

現行のロゴである「盾」と「薔薇」を交えた「盾バラ」と呼ばれるものも存在します。

 

スーパーコピー専用の腕時計ショップがネット上にも存在しています。

 

コピー商品だとわかっていて購入する人も中にはいるそうでブランド物の腕時計をコピーだと分かって購入する場合には処罰の対象となることもあります。

 

正規のお店で買えば知らずに偽物を買ってしまうこともないので時計を買うならきちんとしたお店で買わないと騙されてしまいます。

 

また時計を売るときも同じで時計専門のお店に出さないと安く買い取られてしまいます。

 

⇒ ブランド時計高価買取の8つのポイント